自作木工旋盤 改め 3Dプリンターをいじるぞ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭蓋骨
これも格安フィラメントでの造形。
3Dプリンターでの造形は下から徐々に上に積み上げるようにプリントするためブリッジになっている部分は垂れてしまいます。
そのためにサポートと言う橋げたみたいなものを同時にプリントして出来上がった時点でそのサポート材を取り除きます。
ソフトで自動的にサポートを作ってくれますがソフトの良しあしで具合の悪いサポートが作られることもあります。
最後に取りにくく作られたり
無駄にたくさんの材料を使ったり
必要のないところのまで作られたり
などです。
DSC02270.jpg
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kuranosumokkou.blog.fc2.com/tb.php/114-ea18f036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。