自作木工旋盤 改め 3Dプリンターをいじるぞ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習でおもちゃ
mokusen25.jpg
練習でおもちゃを沢山作りました。

百均の安い木なので作品にはなりません。

目が粗くボソボソで軽い。

キャッチを喰らってもすぐに欠けてバイトへのダメージは少ないから安心してガリガリ出来るので練習にはもってこいです。
スポンサーサイト
ステディのローラー
小さいキャスターを使っていますがベアリングが入っていないので長い間にガタガタになりそうです。
高い物ではないので消耗品と考えて取り替えればいいのですけど
ベアリング入りが欲しいですね。径の大きいものならベアリング入りあるのに。
ステディの写真
mokusen24.jpg
この写真では材の長さが15cm位ほぼ真円だし曲がりもないので具合良く保持できている。
3ポイントステディ
棒状の材料がぶれないようにキャスターの車輪で3方向から押さえるものを作った。

旋盤の練習をしたり簡単な物を作るのに百均で売っている工作材が安くていいのだが
30cmもあるとブレて仕方ないので作ってみたんだけど

その百斤の材料が「いびつ」だったり反ったりしているので結局ステディも役に立たないでいる。
ステディで押さえている部分はぶれないけどその前後の部分がブルブルなのだ。

ちゃんとした材なら多少旋盤よりはみ出していてもテールストックで押さえなくて済むので加工できる。
ただしツールレストも専用に自作しないと使えない。
ロングワースチャックの写真
mokusen22.jpg
作品がチャックされる側です。
ゴム脚やボルトは前回の再利用。
mokusen23.jpg
旋盤に着く側です。
蝶ネジで締め付けます。
ロングワースチャック
直径20cmのロングワースチャックが完成。
材料は9mm厚ラワンベニヤで製作。
色も塗った。

写真をまだ撮っていないので今日の夜には写真撮ってアップします。

実を言うとこれ3個目なのです。
一つ目は適当に作ったので交点が90度にならずボツ。
二つ目が30cmで作ったのでVERIOK812の旋盤では大きすぎて使えず。

デ、今回完成となりましたが
現在作業環境を整え中で実際に使うのは少し先になりそう。
ショートボウルガウジ
過去にも書いたがバイトはすべてノミやヤスリを改造した自作品であったが
初めて製品のボウルガウジを買ってみた。
一般の物は結構大きく感じていたのでショートボウルガウジを注文。

それなのに届いた物がなぜか大きく長く見えて間違えて送られてきた?と錯覚するほど。
品番確認で間違いないと確信したものの でかいなぁ~

プロクソンのバイトはホームセンターで売っているから見たことあるけど随分小さい。
小さすぎるんじゃね?ッて感じで買わないのに。
彫刻刀
久しぶりにほんのチョット木を削るのに彫刻刀を使ってみたら切れ味が悪かったので研いでみた。
やっぱり研いだらいい感じで削れる。
腕の毛も剃れる位、試しにひげを剃ってみたら多少は剃れるが剃刀負けみたいに赤くなってしまった。
ぐい飲み
ブナ材でぐい飲みを作った。
練習作品では有るけど形も出来上がりもまあまあに出来た。
白木のまま使えたらよかったのだけど水を入れてみたら染み出してくるではないか
これではぐい飲みにならないので、仕方なく何かを塗らないといけないのだが
何を塗ったらいいのかなぁ~
恐ろしいスキュー
スキューでキャッチの体感練習をやってみた。
当初 ガリッ ゴキッ っと小さくキャッチを喰らってフムフムこうなるのかとうまく体感中

いきなり ダンッ と大きくはじかれてバイトの先端が折れて飛んだ。

体に向かって飛んできたら刺さって大怪我だし、ガラスに当たれば割れているだろうし
運良く何の被害も無かったが非常に恐ろしい体感をした。

今ひとつキャッチが理解できていないのでもう少し練習したいが
もう、怖くて練習が出来なくなってしまった。

桐とかバルサで回転を落とせばバイトが折れることは無いか。
どうやったらキャッチを起こさないように出来るかもうちょっと練習したいからな。
VERIOK812の感想
少し使ってみての感想ですが直径5cm程度以下の細い物を削るのには申し分がない。
直径10cm程度の物を削るにはもうちょっとトルクが欲しいけど何とかいける。
20cmのものは刃を当てるとすぐに回転が落ち始めてしまうので
削っては回転が元に戻るのを待つの繰り返しで、じれったい感じ。

低速回転は特にトルクが細くなるのでなおさらである。

ペンとか浮き(釣の)を作るにはいいが食器(特にお皿類)はきつい。
私はこれから先おもちゃの車輪などを作るのが主にやりたいので
ギリギリって処でしょうか。

チャックやバイトも自作品ではつらいです。
満足な物を作るにはだいぶ先になってしまうかな。

当分は練習しながら中途半端な物を作っていかなくてはならないです。
木場のもくもく
mokusen21.jpg
お墓参りついでに江東区木場にある「もくもく」という材木屋に行ってきた。
一般のホームセンターでは見ることの出来ない銘木が所狭しと並んでいる。

建築に使うような材木屋ではなく高級家具や趣味の工作等に使う銘木ばかりのお店。

青黒檀と言う木は非売品で置いてあったが文字通り青黒くてすごくきれいな黒檀、もちろん生まれて始めてみた。

行ってきたものの欲しいと思う大き目の材は値段もそれなり。
電動工具を買うよりお金が掛かりそうで買って来たのは(手持ちの小遣いで買えそうな物は)
端材のみ、だけど普段なかなか見ることの出来ないものばかり。

こけし
mokusen20.jpg
これも孫のおもちゃにと作ってみました。
顔とか着物の柄は自分で書き入れるようにと、このままにしておきます。
きのこ
mokusen19.jpg
孫のおもちゃにと「きのこ」を作ってみました。
悔しいですぞ
木工旋盤をオフコで買ったのですが今見たらバイト3本ついて同じ値段で売っている。
3990円だけどとっても悔しい。
うちにも送ってくれーと言いたい。
おつまみ入れその2
mokusen15.jpg
相変わらず いつもの杉板2枚合わせで作ったもの。
昨日の作品とは形が違うだけ。

これはVERIOK812VSで作った。
出来上がり具合はドリル旋盤とたいして変わりはないですね。
道具より腕が悪いだけの事です。
おつまみ入れ
mokusen16.jpg
コースターと同じ杉板を2枚張り合わせ出作った。
直径13cmほど
仕上げは同じく水性ウレタンニス。

使った旋盤はドリル使用の自作旋盤です。
缶ビールコースター
mokusen18.jpg
たまには作品もお見せしないとって、言ってもとても人様に見せられるものにはなってないですが
試しに作った程度の缶ビールコースターです。

水でさっと洗えるように水性ウレタンニスを塗ってあります。

使った旋盤はドリル使用の自作旋盤です。
木でMT1
mokusen13.jpg
モールステーパーの部分を木で作ったら機能するのかどうかを試しに作ってみました。
すでに使用後なので汚れていますが
mokusen14.jpg
結果は満足のいくものです。
手で回転を押さえこもうとすると滑ることなくモーターを止められます。
後は何かに応用が利くものやらですが
ネジの方が太くてガッチリ固定できそうなので使い道はないかも。
ロングワースチャック改造失敗
直径30cmのロングワースチャックは今度の旋盤に使えないので20cmに改造しようと
始めたのだけど失敗に終わった。

材料がMDFだったからなのである。
MDFは硬いのだけどその反面非常にもろい。

板のままならかなり丈夫なのだが細かい細工をしていくとボロボロ崩れる。
今度作るのに何の材料で作ったらいいのか考えてしまう。

バイトの写真
今まで字の大きさを少し大きめにしていましたが標準のままにしてみます。

mokusen12.jpg
今、私が使っているバイトです。
上から
パーティングツール、ダイソーのヤスリ改造品
タブテールスクレーパー、ダイソーのヤスリ改造品
スキュー、ダイソーのヤスリ改造品
ガウジ、HSS鋼ドリルの刃改造品
ガウジとスクレーパーのあいのこオリジナル、HSS鋼ドリルの刃改造品
細スクレーパー、ノミの改造品
太スクレーパー、ノミの改造品

バイト
木工旋盤に使っているバイトは今でも全部ノミやヤスリの改造品だ。
ノミをそのまま使っていたときはキャッチが当たり前だったが今はまったくと言っていいほどない。

ネット徘徊でバイトの使い方がだいぶ判ってきたからノミやヤスリもほとんど市販品の形にしたし
それぞれの形に応じた使用場所もわかってきたからである。

細かく言うとまだまだわからないことだらけ、たとえばガウジと言っても沢山の種類があり
形も微妙に違うのは判るのだけどどう使い分けるのか?など。

取り敢えず似たものを作ってみようとドリルの歯を削ってガウジっぽくして試してみたらサクサク削れるのに驚いた。
ケヤキの角材を丸棒にするのにバルサを削っているような感覚で
表現としてガリガリではなくサクサクと言う感じなのだ。

市販されている本物のバイトだったらもっと簡単に削れると言うことなのだろうか?
自作と言うか改造のバイトは
相変わらずの言いまわしで恐縮だが近日中に写真でお見せしたい。

自作木製4つ爪チャック
mokusen10.jpg
写真のままで20mm~30mmまでの材をくわえることが出来ます。
部品を取り替えて最大60mmまでOK
細長い棒なので反対側はセンター押ししてます。

mokusen11.jpg
もちろん短いものは片持ちでガリガリできる。
10cm程度のものがくわえられる物を作ったら製品のチャックは要らないかな。

いじくり回すのが楽しくて

ブログ書いている暇がない。
着実に進歩しているので書く内容はたくさんあるので
近いうちに と言う事で

待てなかった
買うと決めて待てるはずもなく製品の木工旋盤を買ってしまいました。
VERIOK812VS オフコーポレーションで¥21,000.-
安いでしょ、5千円ずつのリボ払いで5ヶ月弱の支払い。
直径20cmまでの作品が作れる。
ちょっとした改造でもう数センチ大きいものも出来るようになりそうだけど
250Wのローパワーではきつそうなのでそのまま使うと思う。

チョット試しただけなのだけどすごくいい。
軸が太いのでぶれがないし、バイトをしっかり持っていると少々のキャッチは怖くない。
もちろん怪我はしたくないので無理はしない。

少しは経験しながら、どうしたらキャッチしないようになるかの勉強もしないといけない。

チャックのいいのが欲しいけど本体よりチャックのほうが高いので
治具を作りながら暫く遊んでみる。
ロングワースチャックは小さく改造するか作り直ししないとデカすぎて使えないな。

木製4つ爪チャックも作ったけど新しい旋盤に取り付けできるようにしてからお見せします。

掃除機が壊れた
ちょっと前の話になるのですが掃除機が突然動かなくなりました。
木工を始めると粉塵がすごいので掃除機はほとんどずっと回りっ放しになるためです。
モーターを分解してみるとブラシがなくなるまですり減っていました。

ブラシを取り寄せて直しても良かったのですが多少古かったせいもあり
サイクロン掃除機を新調 ホームセンターの安物(4000円ほど)
具合よく吸い込むのですがゴミのたまる部分が小さくて頻繁に掃除をしないとならない。
木工をやっているより掃除機の掃除の方が時間がかかっているんじゃない?ってくらい。

仕方なく工業用(乾湿両用と言うもの)を買った。
小型ながら工業用というだけあって吸い込みはいいし容量も大きいが騒音もやたら大きくて参っている。
静かで高性能な物が欲しいが先立つ物はないし どうしたらよかんべ。

ロングワースチャック
mokusen8.jpg
ロングワースチャックというものを作った。
直径30cm チョットでかすぎたかな。
挟んでいるものは杉の板で直径14cm厚さ2cmのもの
削っているうちに外れないだろうな?

mokusen9.jpg
取敢えず糸底らしきものを彫ってみたが充分いけるぞ!

捨て板
mokusen7.jpg
捨て板にボンドをつけて、削る材木に接着する時の写真ですが
この半分くらいのボンドで充分です。
全面ではなく回りの部分についているだけでガッチリ丈夫です。

mokusen6.jpg
まだ捨て板を接着することを知らないときに作った「ぐい飲み」みたいなもの
ケヤキでふしの部分で頻繁にキャッチを喰らいながら無理やり作ったのだけど
作品にはならないひどい状態です。
左のモノは柿渋を塗ったらどんな色になるか試してみたもの。

練習で成功
mokusen3.jpg

自作旋盤で上手く削るには木材がきちんと固定できればうまくいく
今回はその見本みたいなもの
写真の右側のものを削るとする。そのまま板付きナットにもくネジで止めると板にもくネジの穴が開いたままになるし強度的にも少し弱い。

左側のように捨て板に穴を空けその穴に板付きナットをつけたボルトを一緒にねじ込む。

mokusen4.jpg
写真ではわかり易くする為に板付きナットを浮かせてあるが捨て板にピッタリつけてねじ込む。

mokusen5.jpg

そしてもくネジで止めると強度的にもがっちり止まるのでガシガシ削れるのだ。
削り終わったらパーティングツールで切り離す。

色々思考中

製品版の木工旋盤が欲しい一番の理由はチャック

木材をきちんと固定できるか出来ないかで仕上がりに大きな差が出るから。
もしもちゃんとしたチャックを作るとしたら、さらに余計な費用がかかりそう。
精密な道具を作るのにさらに高い道具が必要になってしまうから
どうしても製品版が欲しくなるのである。

直径30cm程度のお椀は作ることは無いかもしれない、でもお盆は作ってみたいと思っている。
だとしても何十枚も作ることはありえない。
多少大きくても一つや二つ作るならノミや彫刻刀で作ればいいのだ。
だったら小さい安い製品版旋盤が買えるじゃない。

と言うことで小さい旋盤を買う気になったけど、相変わらずおこずかいに余裕は無いわけで
もう暫くは自作旋盤を工夫しながら遊ぶことにした。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。